裁判所に個人再生を申し立てる|弁護士への依頼費用を抑える方法

相続税が減らせる

メンズ

近年相続税の制度は大きく改正が行われました。まず大きな注目を集めた制度の改正として基礎控除の縮小があります。従来は基礎控除として50,000,000円が控除されていましたが、この控除額が30,000,000円に縮小されています。さらに法定相続人1人当たり10,000,000円控除されていた人的控除も6,000,000円に縮小されています。この基礎控除や人的控除の縮小によって実質的には相続税は従来に比べて課税が重くなっています。相続税申告を行う際には税理士などの専門家に依頼することで納税者が得られるメリットがあります。そのメリットは相続税を減らすことができるという点です。なぜ相続税を減らすことができるのかというと、税制度が複雑で税理士でない人が作成することは非常に困難であることに加えて税理士が作成していない相続税申告書は特例など使える節税制度を利用していないことが多くあるためです。相続税だけでなく税制度は年々変化が加えられています。この税制度の変化を税理士でない人が逐一把握することは難しいということができます。また相続税申告を相続人が自ら作成する際には非常に多くの時間を割いて相続税申告書を作成することになります。税理士などの専門家に依頼することによってこれらの時間も節約することができる点も依頼者にとってのメリットとなります。税理士を選ぶ際のポイントとしては相続税に精通した税理士を選ぶことが重要になります。