裁判所に個人再生を申し立てる|弁護士への依頼費用を抑える方法

冷静に行動しましょう

配偶者の不倫による離婚を考える場合は、落ち着いて専門家の方に相談しましょう。弁護士や司法書士、行政書士などの中で、不倫や離婚問題に詳しい方を選ぶことで、慰謝料などが数百万円単位で変わることがあります。また、一人で問題を抱え込まずに済むことも大きなメリットです。

相続税が減らせる

相続税の税制は近年改正が加えられるなど年々変化しています。この税制改正に関連して相続人が相続税申告を税理士に依頼するメリットとして相続税を減らすことができる点や時間を節約することができるという点があります。その際には相続税に精通した税理士に依頼することが大切になります。

無料相談を活用

新宿の税理士に相談する時は、事前に聞きたいことをまとめておきましょう。相続税に関して相談する場合は、相続税の実績が豊富な税理士に相談しましょう。事前に相続財産の全容を調べておけば、スムーズに相談を行うことができます。

債務整理のコストを削減

婦人

複数の弁護士から選ぶ

個人再生とは、自己破産同様に裁判所に申し立てを行う債務整理です。債務を大幅に免責してもらい、残った分を分割で支払っていく制度です。個人再生は自己破産と違って債務の全額が免責される訳ではありませんが、住宅などの財産を保有したまま手続きが行えます。それでも信用情報に影響が出る事は避けられないので理解しておくべきです。個人再生は弁護士などの法律の専門家でなくては行えない訳ではありません。本人だけで行う事も可能性です。しかし個人再生の手続きを経験や知識のない人が行うのは難しいので、弁護士に依頼して行う事が多いです。弁護士に依頼して個人再生を行えば当然弁護士費用が発生します。しかし弁護士費用は一律で定められている訳ではなく、依頼する弁護士によって金額が変わってきます。個人再生をする時に少しでも弁護士費用を抑える為には、債務整理の実績が高い法律事務所をいくつか探しておくとよいでしょう。まずは、複数の法律事務所に直接出向いたり、電話で詳しい状況を伝えて相談するのが得策です。そして明確に見積もりを出してもらい、その中から信頼できる法律事務所であるかという事や費用などを比較して選ぶと良いです。見積もりを依頼して明確な金額を提示してくれない法律事務所の場合は、後になって予想以上の弁護士費用を請求される可能性もあるので、避けた方が良いと言えます。個人再生をする際は弁護士選びを慎重に行う事で弁護士費用を抑えられるので、債務整理後の生活をより立て直しやすくなります。